2007年08月28日

Windows Vistaの「問題のレポートと解決策」

 Windows Vistaではアプリケーションが強制的に落ちた場合など、プログラム中で問題が発生した場合の記録が、整理して記録されています。スタートメニューから、「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「問題のレポートと解決策」と選択すれば表示されます。

問題の表示例

以下の例では、いつのまにか「Firefoxが原因で発生した問題」という項目が出ていました。
続きを読む
タグ:Vista
posted by k at 01:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | Windows、ドライバ
2007年08月26日

GeForce 8600M GT ビデオドライバ(ForceWare)

 昨日の日記では、結局Inspiron1720にデフォルトでインストールされているビデオドライバのバージョンを調べたところで、現在DELLのサポートページでダウンロードできるバージョンと同じ「101.43」ということがわかり、インストールを止めました。その後、DELL以外からダウンロードできるForceWareについて少し調べたので記録しておきます。

NVIDIA公式サイト

 まず、メーカーであるNVIDIAのホームページは、
続きを読む
posted by k at 11:30 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows、ドライバ
2007年08月25日

GeForce 8600M GT ビデオドライバのバージョン

 あまり頻度は高くないのですが、Windows Vistaの休止状態から復帰する際に、たまに画面が真っ暗なままとなることがあり、ビデオドライバのバージョンアップをしようとした際の記録です。

ビデオドライバのバージョンアップを検討した契機

 ビデオカードあるいはビデオドライバに問題があるのではないかと思うようになった症状は、次のようなものです。
続きを読む
posted by k at 00:17 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows、ドライバ
2007年08月24日

GIMP Portableのインストール

 フォトレタッチや画像処理のために、GIMPをインストールしました。

GIMPとGIMP Portable

 GIMPとは、Adobe Photoshopのような非常に高機能なグラフィック編集ソフトウェアのひとつで、フリーでダウンロードできるものです。GIMPの特徴は以下のサイト等で参照できます。
http://gimp2.info/
http://ja.wikipedia.org/wiki/GIMP
Inspiron1720に買い替える前のPCでは普通のGIMPを使っていましたが、現在は普通のGIMPの他に「GIMP Portable」というものがあるようです。GIMP Portableとは、GIMPのポータブルバージョンで、USBメモリなどに入れて持ち運び、出先でもすぐに使えるようにパッケージしなおしたものです。以下のサイト等で紹介されています。
続きを読む
posted by k at 01:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | アプリケーション
2007年08月19日

高解像度液晶(WUXGA)のメリット

 このPCは液晶の解像度がWUXGA、つまり1920x1200です。一般的なノートPCはXGA(1024x768)またはWXGA(1280x800)が多く、高解像度なPCはあまり普及していないというのが現状です。
 ここでは、高解像度のメリット、使いやすさについて記述します。

1. インチと解像度

 まず液晶画面の広さを表す解像度という言葉について説明します。

インチ

 液晶のスペックとしては、「インチ」がよく知られています。これは「液晶画面全体の大きさ」を表します。具体的には「液晶画面の対角線の長さ」を「インチ」の単位で計測した値となります。テレビでも同じなのですが、何故か「センチメートル」ではなくて「インチ」で表すようになっています。「1インチ = 約2.5センチメートル」なので、2.5倍すれば直感的に把握できると思います。

解像度

 これに対して解像度とは、「液晶画面に表示できる画素数」を表します。「画素」とは、画面を構成する最小単位の「点」のことです。液晶画面は、この「画素」が縦横に大量に隙間無く並べられて構成されています。そして、ひとつひとつの画素が様々な色で光ることで画面が作られています。
wuxga1.jpg←「(液晶の拡大図)」を拡大した図
斜めの線も曲線も、この画素を最小単位として並べて表現されるので、ギザギザに見えたりするわけです。そして解像度は、例えば「1024×768」などと表示されますが、これは、画面の横方向に1024個の画素、縦方向に768個の画素が並んでいることを表します(この解像度はXGAと呼ばれています)。
xga.png
この数字が大きいほど高解像度ということになり、たくさんの画素が表示できることになります。参考までに、同じインチで解像度が違う場合がありますが、高解像度の場合、同じ広さにより多くの画素を詰め込むことになりますので、ひとつひとつの画素が小さくなります。そして、同じ画素数で表現される文字も小さくなります。

2. WXGAとWUXGAの比較

 最近のノートPCでよくあるWXGA(1280×800)と、市販のノートPCで最も広いWUXGA(1920×1200)で実際にどの程度の違いがあるか比較してみます。
続きを読む
posted by k at 00:08 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | ハードウェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。