2007年07月28日

CPU-Zのインストール

CPUに関する情報を手軽に確認できるツールです。実行例は以下の通りです。
cpuz6.png


公式サイトのダウンロードページは、以下のリンクです。
http://www.cpuid.com/cpuz.php
わかりにくいですが、このサイトの左上の「Download Latest version」のところにあるリンクでダウンロードできます。

cpuz1.png

インストーラはついておらず、解凍してできたフォルダにある「cpuz.exe」を直接クリックして起動するタイプのソフトです。

cpuz2.png

こういったタイプの場合、私は手動で以下のように配置することにしています。

1. フォルダを C:\Program Files 直下に置く
2. そのフォルダのショートカットを「すべてのプログラム」に作る


今回の場合は、以下のような感じです。

1. cpu-z-140 を、「C:\Program Files」に移動させます。Vistaの場合、管理者アクセスを許可するウィンドウが表示されますが、Program Filesへの移動は、今、意識してやっていることですので、「続行」をクリックします。

sleipnir5.png

続けて、「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示されますので、同様に「続行」をクリックすると、移動が完了します。

cpuz3.png

2. 次に、「C:\Program Files\cpu-z-140」のショートカットを「ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\スタートメニュー\プログラム」配下に作れば完了です。

cpuz4.png

これで、「すべてのプログラム」から起動できるようになります。

cpuz5.png

実行すると以下のように情報が表示されます。

cpuz6.png

posted by k at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows、ドライバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。