2007年08月28日

Windows Vistaの「問題のレポートと解決策」

 Windows Vistaではアプリケーションが強制的に落ちた場合など、プログラム中で問題が発生した場合の記録が、整理して記録されています。スタートメニューから、「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「問題のレポートと解決策」と選択すれば表示されます。

問題の表示例

以下の例では、いつのまにか「Firefoxが原因で発生した問題」という項目が出ていました。
firefox20070826-1.jpg 多分、Firefoxが落ちたときに生成された項目だと思います。とりあえずクリックしてみると、以下のような情報が表示されました。 firefox20070826-2.jpg 現段階では、Microsoftには、この問題の解決策の情報は無いとの表示です。「推奨事項」とされている、矢印で示した「Mozilla Firefox」にアクセスしても、単にMozillaのサポートサイトが表示されるだけです。

今後の発展性

 各ソフトウェアの開発元が、どれくらいMicrosoftに情報を提供することになっているのかよくわかりませんが、情報がリアルタイムにたくさん提供されれば、この仕組みによる問題解決もうまくできるのでしょうか。問題が発生したときに、各ソフトの公式サイトなどを調べたりインターネット上でGoogleやYahooなどでいろいろ検索したりせずに、Microsoftが公式な情報としてとりまとめてくれるなら、Windows Updateのサードパーティー版みたいな感じになって、便利になるのかもしれません。
タグ:Vista

posted by k at 01:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | Windows、ドライバ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52959142

この記事へのトラックバック

Google
Excerpt: Google is the best search engine <a href="http://google5610.com/">Google</a>
Weblog:
Tracked: 2007-12-12 19:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。