2007年08月19日

高解像度液晶(WUXGA)のメリット

 このPCは液晶の解像度がWUXGA、つまり1920x1200です。一般的なノートPCはXGA(1024x768)またはWXGA(1280x800)が多く、高解像度なPCはあまり普及していないというのが現状です。
 ここでは、高解像度のメリット、使いやすさについて記述します。

1. インチと解像度

 まず液晶画面の広さを表す解像度という言葉について説明します。

インチ

 液晶のスペックとしては、「インチ」がよく知られています。これは「液晶画面全体の大きさ」を表します。具体的には「液晶画面の対角線の長さ」を「インチ」の単位で計測した値となります。テレビでも同じなのですが、何故か「センチメートル」ではなくて「インチ」で表すようになっています。「1インチ = 約2.5センチメートル」なので、2.5倍すれば直感的に把握できると思います。

解像度

 これに対して解像度とは、「液晶画面に表示できる画素数」を表します。「画素」とは、画面を構成する最小単位の「点」のことです。液晶画面は、この「画素」が縦横に大量に隙間無く並べられて構成されています。そして、ひとつひとつの画素が様々な色で光ることで画面が作られています。
wuxga1.jpg←「(液晶の拡大図)」を拡大した図
斜めの線も曲線も、この画素を最小単位として並べて表現されるので、ギザギザに見えたりするわけです。そして解像度は、例えば「1024×768」などと表示されますが、これは、画面の横方向に1024個の画素、縦方向に768個の画素が並んでいることを表します(この解像度はXGAと呼ばれています)。
xga.png
この数字が大きいほど高解像度ということになり、たくさんの画素が表示できることになります。参考までに、同じインチで解像度が違う場合がありますが、高解像度の場合、同じ広さにより多くの画素を詰め込むことになりますので、ひとつひとつの画素が小さくなります。そして、同じ画素数で表現される文字も小さくなります。

2. WXGAとWUXGAの比較

 最近のノートPCでよくあるWXGA(1280×800)と、市販のノートPCで最も広いWUXGA(1920×1200)で実際にどの程度の違いがあるか比較してみます。
続きを読む
posted by k at 00:08 | 東京 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | ハードウェア
2007年08月15日

Inspiron1720に添付されているCD/DVD

 Inspiron1720に付属しているCD/DVDの一覧を載せておきます。

1. オペレーティングシステム 再インストール用DVD Windows Vista Home Premium 32bit


 Windows Vistaが普通にインストールできるDVDです。これが付いてくるのは珍しいです。他のPCでは、大抵がリカバリCD/DVDで、買ったときと同じ状態に戻すことしかできないため、再インストールしても余計なプレインストールソフトウェアや設定が大量に入った状態になってしまいます。OSのみのクリーンインストールができるというのは、DELLのメリットのひとつですね。


続きを読む
posted by k at 21:21 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(2) | ハードウェア
2007年07月27日

電源スイッチでVistaを休止状態にする設定

 Windows VistaのPCにおいて、起動中に電源スイッチを押すだけでOSが休止状態となるように設定する方法について記述します。
続きを読む
posted by k at 21:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | ハードウェア
2007年07月26日

Memtest86, UBCD

 Memtest86は、PCに内蔵されているメモリの動作をテストするものです。
Memtest86公式サイト

続きを読む
タグ:Memtest86
posted by k at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハードウェア
2007年07月21日

パーティションを切りなおして再インストール?

 新しいPCを買ったら、パーティションを自分の好みに合わせるため、パーティションを作成しなおして再インストールしたいところですが、VistaにはOSが入っているパーティションを小さくする機能があるようです。
続きを読む
posted by k at 01:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | ハードウェア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。